スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

リース作り。。。

リース作り。。。

大きな長い
蔓ウメモドキを貰ったので
リースを作ってみました

最初は緑の実のリースだったのに。。。


翌日
お陽様に照らされて
緑の皮が
一つずつはぜていって。。。
DSC_3794_D610b.jpg

夕方には
真っ赤なリースに
大変身!w
DSC_3957_D610b.jpg

このまま乾燥させて
クリスマスリースの土台にしようと思います^^
1日で大変身した蔓ウメモドキ。。。
何だか呆気にとられて
緑のリース
写真に撮っておいて良かったぁ


***母としての感慨***

DSC_3822_D610b.jpg
娘が福岡から帰宅して
今月一杯で
仕事を辞める事になりました
6年間
良く頑張りました^^
娘は
劇団四季の技術部舞台で
裏方として
横浜『CATS』から広島・仙台・静岡・福岡と
地方公演をやって来ました
もちろん『CATS』だけでは無く
色々な演目をやって来ました
娘がそのカンパニー(舞台)に着くと
舞台が開ける時
ゲネプロを観せて貰い。。。ちゃっかり得をしました^^
楽しい日々でした
娘は過酷な仕事の中で
ガリガリ痩せていき
心身共に疲れ果てている時もありましたが
何だかんだと言いながらも
また重たい荷物を持って
出掛けて行っていました。。。
その後ろ姿を見送りながら
舞台が好きなんだなぁと
思ったものでした

心の劇場と言って全国を回りながら
小学生を中心に招待して公演する演目で
東北の方に行っている時
娘が1年生の時から飼った愛犬が
17歳で亡くなって
毎日『シュバルツの具合はどう?』と
電話をして来る娘に
それを告げる事が切なくて。。。

お正月はもちろん
人々がお休みだー!
と言っている時が忙しいので
お友達の結婚式にも
一度も出席出来ずに。。。気の毒でしたが
これが私の選んだ仕事!と
走り続けた6年間でした

横浜の『CATS』が開ける時は
殆ど帰宅せず
劇場泊まり込みで
女の子なのに
お風呂もまともに入れずに
どうしているかしらと
母としては
心配な日々が続きました

その頃85歳位だった私の母も
孫がどんな仕事をしているのか
一度見てみたいと
『CATS』を観に行きました
スゴイ!と満面の笑みで感激した母は
『冥土の土産』だわ!と言い
向こうに行ったら
おじいちゃんにも話してあげられると
喜んで^^私も嬉しかったです

美大を卒業して
どんな就職活動をしているのかなと
思って居たら
四季から届いた封書。。。
それを開けた時の
娘の笑顔
今もハッキリ覚えています。。。

ここで一区切りつけて
どうやら来年には
結婚を考えている様です
舞台の仕事をしていたら。。。結婚は無理
あっちこっち飛び回って
年がら年中忙しく動き回っている嫁なんて
誰も結婚してくれませんよね 笑
1ヶ月に取れる休みなんて
2〜3日。。。
そこら中アザだらけ^^;
良くぞ大けがをしなかったと
今更ながら
胸を撫で下ろしている母です

辞める事を決めてから
◯◯の舞台を一緒にやってから
辞めないか?と
何人もの監督さんから
声を掛けて貰ったと
嬉しそうに話していました

どんな仕事も
人との繋がりだから
娘は思いっきり
仕事が出来たのでしょう
忙しいし大変だったけれど
幸せな6年間だったのでしょう。。。

お疲れ様。。。
今月一杯
まだ残っている仕事をきちんとこなして
『立つ鳥跡を濁さず』で
頑張ってね!

私は元々舞台が好きで
娘が入団する前から
色々な舞台を観て来ました
娘がまだ赤ちゃんだった頃。。。
新宿の南口の
『CATS』テントに観に行ったのが
私と『CATS』との出会いです
まさか。。。娘が
大好きな『CATS』の舞台部として
仕事をする様になるなんて
夢にも思っていませんでした。。。

私と劇団四季との出会いは
まだ専用劇場も無く
中野サンプラザで
『ジーザス』の公演があった時
東京交響楽団のフルート奏者だった兄が
そのオケピに
アルバイトとして入ったので
『観に来るかー?』
『うん!行くー!何やるの?』
と言う感じで
鹿賀丈史さんの『ジーザス』を観たのが
最初でした。。。二十歳位だったかな

何だか不思議な縁を
感じました。。。

四季をご覧になった方は
ご存知だと思いますが
『思い出を売る男』という
ストレートプレイが
大好きでした
もうあの舞台は
上演されないかもしれません。。。
役者さんも
歳を取りました。。。
日下武さんの
乞食が
本当に素晴らしかった。。。
その舞台でも
仕事をした娘が
本当に羨ましかったです 笑

どんな仕事も
見るとやるとでは大違い
華やかな舞台の影で
大勢のスタッフが
全身黒尽くめの格好で
舞台を動かしているのですよね

娘が舞台に携わる様になって
照明音響はもちろん
舞台背景や転換や特効迄
色々楽しみながら
観る事が出来ました。。。

またいつか
近くの街で『CATS』が上演される時は
また観に行きたいと
おもって居ます
あぁ裏に
娘は居ないんだなぁと
ちょっぴり寂しく思いながら
観劇する事でしょう。。。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。