スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

仙台へ。。。

仙台へ。。。

16日日曜日
朝の新幹線で
仙台へ行って来ました
4月下旬から
娘が出張しているので
久し振りに顔を見に
行きました。。。
DSC_4417_HP版2

まず。。。
10年以上音信不通になっていた
親戚の『叔母と姪の様な関係の子』と落ち合って
二人で『CATS』を観劇!
その後娘を待ちながら
積もる話を沢山しました。。。

夫の親戚筋の子なのですが
私と彼女が会ったのは
結婚する前で
まだ彼女が
4歳の頃でした。。。
私の膝にちょこんと座って
其の頃から
会えば一緒に遊び
お喋りをし
とっても可愛い子でした^^
4歳の頃は
イチゴが大好きで^^
イチゴ柄の生地で
シャーリングの
サマーワンピを縫って
彼女にプレゼントしました^^
そんな事は
忘れちゃっているでしょうけど。。。
今でも私は
可愛かった小さな彼女を
覚えています!
私達の結婚式にも
両親や兄と共に
出席してくれました
その後も
ズーッとお付き合いはありましたが
彼女も成長し結婚し。。。
色々な事があって
この度私からメールを送り
再会する事が出来ました

58歳と42歳の再会。。。
思いっきり彼女を
抱きしめて^^
ほっぺを
ナデナデしてしまいました^^;

彼女は
スラーッと背が高く
170㎝はあるのに
ヒールを履いているので
163㎝の私は
背伸びをしながら^^;
抱きしめました(笑)

今も尚変わる事無く
真っ直ぐで
一生懸命な彼女でした

今回の仙台行きは
娘の事はもちろんですが
彼女に会う事も
大きな目的の一つでした

夕飯を
娘と彼女と私の3人で
楽しく食べて^^
彼女は
車で帰って行きました。。。

見送りながら
涙が零れそうになって。。。
人生色々な事があっても
貴女はこの世にたった一人の大事な命
日々を大切に。。。
そして楽しんで
遠く離れていても
何時でも会えるんだから
また沢山お喋りしようね!と
心の中で呟きました

17日は
娘も休みだったので
二人で同じホテルに泊まり
娘のウィークリーマンションも
見に行って。。。
何か必要なものがあれば
買ってあげたいなと
思っていたのですが。。。
母の出番は
最早ありませんでした^^;

仙台市内観光でもと
思ったのですが
色々話をしながら
買い物に行く事にしました^^
DSC_4407_HP版2
仙台迄来て
アウトレット?って
笑われそうですが
二人で色々見て歩き
とっても楽しかったです!

ランチは。。。
DSC_4400_HP版2
TULLY'S。。。でしたけど!(笑)

娘は夫に
父の日のプレゼントを購入^^
私にも
ワンピースを買ってくれました^^;

そして宿泊ホテル近辺に戻り
夕飯は仙台パルコの中で
二人とも大好物の
『つくね』を食べました^^
あ!他にも色々食べましたよー!(笑)
飛び入り参加の
ダースベーダーも一緒に!(爆)
DSC_4424_HP版2

仙台の街は
緑が多く
気持ちの良い街でした
DSC_4439_HP版2

そして18日。。。
二人でブランチを食べて
『じゃぁ。。。またね!』と
別れて。。。
娘は仕事へ
私は一路東京へ!

私は。。。
27歳の時に
8ヶ月の身重で
夫の転勤先の
ドイツ・デュッセルドルフへ
一人で行きました。。。
出発の前日
胸が締め付けられる様な不安感と
淋しさで
眠る事が出来ませんでした。。。
出発の日
成田まで見送りに来てくれたのは
夫の上司ご夫妻
夫の両親
義理兄
夫と私の共通の友人
私の友人夫妻
私の兄。。。そして母。。。
父は頑に
行かないと言い張り
来ませんでした

あの頃のヨーロッパ便は
アンカレッジ経由だったので
アンカレッジ迄7時間
トランジット2時間
ハノーバー迄8時間の長旅
たった一人で。。。
其の辛かった事と言ったら
言葉に何て表せ無い程でした。。。
弱虫だったのです。。。

それがトラウマになっていて
別れの場面では
どんな別れでも。。。
あの時の気持ちがこみ上げて来て
胸が苦しくなってしまいます

トラウマとは
実に恐ろしいものです。。。

ですから。。。
バイバイー!と明るく言って
また直ぐに会えるとしても
ギューッと胸が
苦しくなるのです。。。

別れは誰でも
どんな時でも。。。淋しいものですよね
でも私は
異常に苦しくなります。。。

今回も娘に
『またねー!』と手を振りながら
とても苦しかったです。。。

きっと一生
克服する事は無理でしょう。。。

父が亡くなった時。。。
其の苦しさが
随分と長い間続きました
本当の『さようなら』だったのですから
仕方ありませんが。。。
息が出来ない程の苦しさは
本当に切ないです
17回忌の時も
また泣けてしまいました

愛犬のシュバルツが亡くなった時も
本当に辛かった。。。
今も尚其の辛さは
続いていて
ペットロスでは片付けられない
尋常では無い苦しさが
時として
込み上げて来ます。。。

58歳。。。未だに強くなりたいと
思い続ける日々です。。。

娘は8月下旬には
帰って来ます
仙台に居るので
何かあれば
車を運転して
直ぐに駆けつける事が出来ます

でも私のは
尋常ではありません。。。
これを読みながら
笑ってしまう人も居るでしょう。。。
自分でも呆れてしまう程
別れ。。。さようなら。。。バイバイー!に
反応してしまう自分が居るのです

自分でも判っています
病気だなって(笑)

本当に情けないですが
これも私です
『私の中の私』なのです。。。

夫も知る由も無く。。。
誰にも理解されない事だけど
トラウマとは
そう言うものなのです。。。ね。。。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。